So-net無料ブログ作成

感じて  ”秋” 色々に(*^_^*) [風景 色々]

 
   
    [かわいい]  何処かな? テクテク 探して ”秋” 見っけヽ(^o^)丿

bloga^6.jpg
 



  オヤ? アラ? アオサギ君の お出迎へ \(^o^)/
bloga^4.jpg
 
 
  ノ~ビノ~ビと  最後の力振り絞り  緑の葉っぱ 輝かせ
bloga^5.jpg


    何処までも   絡まり伸び行く元気な蔦は   
bloga-3.jpg


  

  嫌われ者の 鵜でさえも 何処か寂しげ 首傾げ?
bloga-7.jpg


  並んで~ 並んで 1.2.3. 仲良く寛ぐ お日向ボッコ
bloga-2.jpg



     それ~~~~優雅に羽ばたき 飛び発とう~^
                      ↓  後ろで ”アンタ行っていらっしゃ~い|
   bloga-3.jpg 


    何か? 御用? と問われても・・・ (^^ゞ
        bloga-4.jpg

        どうしたのかな? ウサチャンは  元気出せよ!
     bloga-5-2.jpg       

 
   可憐で ピンクの花かんざしは 開花の姿 水面写し
 bloga^6.jpg


   緩やかに 陽射しを浴びて 流れゆく  初秋の午後の一時に    
bloga-6.jpg 

   
   後記
   只今何かと 忙しない日々を過ごしてます
   暫らくの間 記事更新出遅れると思われますが
   勿論 何とか頑張って続けて行こうと思いますので
   宜しくお願いいたします <(_ _)>
 


 飛んで~走って~ 西九州~(*^^)v~④ [旅]




    JTB企画 【 西九州絶景名湯 めぐりの旅 】 最終回ですvv
    
     雲仙地獄谷巡りも 無事終了   晴天の朝を迎へ 
          いよいよ本日で 楽しい旅の行程は終了
     バスは 予定通り 本日の観光処へと 向かいます
             島原半島 ” 口之津港 ” 
 blogg-1.jpg
                                         走る車窓から~

    港から ”イルカウォッチング” ↓ 看板通りのクルージング ですvv
 blogg-3-1.jpg
     
   
      早速 乗船 船は既に 私達を待ち受けて居ました 
       【 お客さ~^ん こちらから どうぞ~ 】
  blogg-4.jpg

  
   トットットッ 滑る様に船は 出港
 blogg-5-1.jpg
   

  対面にも 同じく 観光船
blogg-6.jpg

  沖に向けてやや暫し  すると 大きなうねり伴い
  イルカさん達が姿を現し 次々と集まって来ました パシャッ パシャッ! 
    blogg-7.jpg

 
大海原から群れ成して現れる沢山のイルカさん達に 皆大はしゃぎ 大満足\(^o^)/
   ハ~イ[手(パー)] 元気でね~^ がんばれ~~^~^ と 声援を送りつつ港へと戻ります
 blogg-8.jpg
   

 再びバスはこれより私達を乗せ ”天草”~熊本市を経て 最終地点福岡空港へと向かいます
blogg-11.jpg
       松島パールライン        走る車窓から~^ 


  blogf-1.jpg
                 走る 車窓から~^


  有名な ” 天草四郎さん ” の銅像ですね  
     詩は 与謝野晶子 作 
                 走り抜ける海岸線  休憩にて途中下車 

blogg-13.jpg
  

   大型土産店内にて昼食   流石に海鮮丼 旨か~(笑)
  blogg-12.jpg


    地元 ”クマモン” 見っけ\(^o^)/ 
                         ↓ 良く来たネ~ ↓   熊本弁では何と?
blogg-14.jpg


   さてココで 福岡空港へと向かう途中 ” 柳川”へ立ち寄る
  地図見直して気が付いた事  この柳川の先が 初日に降りた
  佐賀飛行場なんですね  と言う事は グルーーッと 一巡り?(笑)
  
  では今回の楽しい旅の最終観光処 ” 柳川の風物詩・川下り ’ へ

  一見 見回した処 それ程大きな川幅も無く 極普通の川縁に並べられたボート
   乗船したこの時の 船を操り 柳川の歴史を解説するこの船頭さん    
                                                                                     右手 コノお兄さん↓ ↓
blogg-15.jpg 
 櫓ををギコギコと漕ぎながら 柳川の歴史的解説を語りつ ユ~ラユラ|

 この観光案内役務めた チョッピリ太目のお兄さん !
 単に決まり文句での解説かと思いきや 
 最初から 最後まで 独自のユーモラスなセンスで語り始め 皆 ドット笑いの渦
 あまりの可笑しさ 楽しさで笑い過ぎて 何だったかさっぱり記憶に残って無し [がく~(落胆した顔)][ふらふら][わーい(嬉しい顔)][るんるん] 
 柳川の歴史は 改めて 見直せば・・ 
 海外でも国内でも 旅には今迄もこれからも 想定外な出会い等も 度々だし
 それが又 楽しい旅の想い出の一齣として何時までも記憶に残されて居ますね

   幾千年 絶える事無き川面 穏やかに水を湛え

blogg-16.jpg

  ズッシリと包み込む様に覆いかぶさる 周りの樹木

blogg-17.jpg

  
   暫し 巷の騒音等遮断! ひたすら静寂を保ち
    タイムスリップ (*^^)v
    ギッチラ~ ギッチラコ~ン と ・・・古い木橋を潜り抜け
blogg-18.jpg  

  
 僅かな木洩れ日を浴び  ノ~ンビリと寛ぐ鴨達との出会い 
 blogg-19.jpg


   "殿の倉”  と言われているナマコ壁の倉跡   渋いですね
   後  かの有名な詩人 ”北原白秋” は
   ココ柳川藩御用達の海鮮物問屋を営む旧家に生まれ育った所
   だそうです 
 
  もう一つ [柳川]と言えば 即 思い浮かぶのは ”鰻” でしょう~
 けど 今回は時間的な余裕無し 食べられませんでした[ふらふら] 次回にでも・・

blogg-20.jpg
      


          緩やかな 水面 を湛えて
  訪れた人と人を和ませ繋ぐ出逢いに 心満たされて  下船
blogg-21.jpg
                         ↑ ↑ アララ~ アレ カッパさん?
                 こっそりと遠くから お見送りして下さってたのね

    後記
    今回の ”西九州の旅”  
    羽田飛行場から飛び立ち 西九州の道程を 観光バスにて走行
    3ッ日間 アッと言う チョッピリ忙しない観光巡りの旅でしたが
    幸い天候にも恵まれ・・( この後全国的に頗る荒れ模様でしたし) 
    訪ねて見たいと 予てからの念願でしたので 充分満足出来ました
    九州もこれで 北 東 西 南下して枕崎の最南端辺りまで制覇しました
    国内 殆んど各県訪ねて廻りましたが 何処もそれぞれに
    昔ながらの史蹟等 歴史深き所ですので どの県が一番とか一概に言えません
    そして再度 又何時か 訪れて見ようと思ってます
    今回も拙い記事に長々お付き合い下さり 有難う御座いました<(_ _)>


飛んで~走って~ 西九州(*^^)そのー③ [旅]

  
    今日は~~[わーい(嬉しい顔)]
   前回に引き続き ”西九州の旅 ” へと ご案内します
      
   どうやら本日の空模様は今一 曇天の様ですね

  それでは楽しく~ 美味しく寛げたお宿 平戸千里ヶ浜温泉を後にして
  本日は先ず 西海国立公園 【 九十九島 】へと向います
  ココは九十九島パールシーりゾート呼ばれ 島々が点在する絶景処
       それでは 出発 GOー\(゜ロ\)(/ロ゜)/

  出発して間も無く 昨日通過した海岸道路沿いの船着場へと向かいます

blogc-1.jpg
    
          前方より 観光船が ゆる~りと入港して来ました 
 
    <何でもコノ遊覧船は 最近おニューに替えられたばかりの新船舶の様です>   
                          
  blogc-2.jpg

    
  船着き場の奥に沢山の小型船舶 ボート等繋がれて待機して居ます 釣り船でしょうか 
  blogc-3.jpg


  遊覧船は満席状態  皆さん何方も 期待の島めぐりに ワクワクしつつ
  では 早速 乗船して 数ある島々巡りを 楽しみましょう~
  宮城県の”松島海岸” 同様に 様々な形状の島々が 見えて来ました
  近寄って眺めるだけですのでその中から幾つか選んでUPして見ます
   

   最初に船長の  "
キャプテンスパロ" ?(笑) に ご挨拶
   中々ハンサムで立派なお髭のある カッコ良い船長さんです [手(チョキ)]
        -bloga^5-1.jpg

          オヤ?  アラ?このご機嫌な人達は 誰? (笑)
        blogc^8.jpg  

  
 曇天の空模様でしたけど 沢山の乗船客を乗せて
 船は港を出港 \(^o^)/ 穏やかな 海原をゆる~りと 旋回します

  
blogo-4.jpg

  遠い彼方に 思いを馳せて・・
blogo-6.jpg


 見てると 松島と 同じ様なちんまりした孤島
blogo-7.jpg



blogc-8.jpg


 水面の美しさに 思わず 身を乗り出して パシャリ  綺麗ですね
blogc-9.jpg


blogo-5.jpg
       
      その時 フト 思い浮んで来た事
  ”そうだ!確か お誕生日のプレゼント何処でもいいから埋めといてーーと言ってたけど
          それでは この辺の島の何処かに穴掘って埋めて行こう~^ ”
  九州の〇〇〇さ~~~ん 堀々して受け取って下さ~~いねッ  爆[わーい(嬉しい顔)]
blogc-10.jpg 
          [グッド(上向き矢印)] この様に小さな島々が海中に点在する展望です 良い眺めでしょvv

      では 海にポコポコ顔出して浮かぶ島々を後にして 再び[バス]
     行先は今夜の宿泊ホテルでもある  ”雲仙温泉峡”へ

   ☆ さてさてお待ちどう様 ・・・・   ←ダ゙レモマッテナンカイナイジョ (ーー゛)
   
    そんなこと言わないで~~~~~!
   これからが 見所よ^^^ん\(゜ロ\)(/ロ゜)/

               【 雲仙地獄谷 】
   私達を乗せた観光バスは ・・・ちなみにこの時の乗客 全部で20人足らず 
   こんなに少人数のツアーは初めてですゥ 座席も自由に座れるし ラッキーー
        走る 窓の外は 稲田一面の  緑豊かな田園風景 
  blogd-1.jpg

   
       走って 走って 暫し  前方山の中腹に立ち昇る 白い煙?発見!  

   blogd-4.jpg

    どうやら 目的地の ” 地獄谷温泉[いい気分(温泉)]” 到着!
    一旦 ホテル室内に リック等 置いて  
    白い土に覆われ至る所から高温の温泉と白煙が 噴出してる所へと向かいます
    正に地獄と言われて居る様に 辺りに気を配りながら 立ち止まりつつ 
     充分気を付けながら ・・・
    
    blogd-3.jpg
  
            見て下さい   ネッ凄いでしょ?
     真っ白な湯けむりが立ち昇ってます ウッカリ足滑らせたら大変!
  blogd-2.jpg


   途中で見掛けた 鳥居をくぐりながら 狛犬サンにご挨拶  ” 無事下山出来ます様に”
 blogd-5.jpg

         コレ ↓ ↓ 見て見て~~~~ [がく~(落胆した顔)]  
    凄い事になってますね   それにしても 樹木の生命力って 逞しく凄い!
    どんなに過酷な状況にも負けず 確りと根を張り巡らせて 生き抜く力強さ !
     頑張れ~~~~ と 思わず声援を送って置きました。 
 blogd-6.jpg


  湧き出る温泉を集めて この様に引き込んで居る様です
 blogd^7.jpg

  こうして集められ 各家庭にも 送り込まれているのでしょうか
 blogd^9.jpg  


     さて充分に温泉の湯けむりを浴びながら歩き回った散策も終了
    一旦ホテルの部屋へと戻ります なにせ地獄谷は宿泊ホテルと隣接
    上階の窓辺からも 全体を眺める事が出来ます

    所で前回お約束した ホテルの夕食御膳を撮り置きましたのでUP
   
    それがですね  ほんの一部しか ぶれちゃって撮れて居ませんでした
          私って ダメね~~[がく~(落胆した顔)][ふらふら]    ゴメンナサイ
      一言 伝えるなら 料理のお味 どれも最高の美味しさでした 
    blog1-1-1.jpg    

               blog1-3.jpg
     

     食事の後の サービスの一環として このホテルでも 和太鼓 登場!
    大太鼓を元気良く打ち鳴らすご年配の男性は このホテルの料理長だそうです
    力強く打ち鳴らす姿は 流石にお見事 \(゜ロ\)(/ロ゜)/
     年期 感じさせる 全身に響渡る 力の籠った演出でした。

  blogd^10.jpg

   と言う事でして 本日はこの辺でオシマイ
   後 一回の記事更新にて 西九州の旅記行は終了します
   何時もの事ながら 拙いショットと いい加減な 解説文ですが
  どうぞ 最後までお付き合い下さります様 宜しくお願い致しまする<(_ _)>


飛んで~ 走って~^西九州~(*^^) そのー② [旅]


        

     今日は~[わーい(嬉しい顔)]
     前回に続き ” 西九州の旅” 第2弾で~すvv

    【聖 フランシスコ ザビエル記念館 】 を後にして
    本日 一泊目のお宿へと向かいます が 
    と その前に 平戸松浦資料記念館にも立ち寄って来ました
   
  滅多に来れない 九州最西端の島  ” 平戸” 
  聖フランシスコ教会だけでなく 周辺にも中々由緒ある神社仏閣等が有る様です
  時間的余裕が有れば 一つ一つゆっくり訪ね歩きたかったです
 bloga^7.jpg  

  


 
    坂道を下りながら 古い石垣の塀 及び石階段 
        ぐる~り 周りを囲む海 穏やかな雰囲気が漂って居ますね
 blogb-2.jpg


 
              <<松浦史料博物館>>
  
 建物は 鎌倉時代にさかのぼり この平戸一帯を本拠として居た。。。所謂 ナワバリ 
 松浦家の邸宅だった様です  その後県に寄贈 県指定有形文化財とされました
 blogb-1.jpg
   
    前回の記事にも掲載してしまった ” 狂獅子図屏風 ”
    江戸時代初期の幕府御用絵師 狩野採歯と言う方の筆として
    代々 松浦家に伝わったとされてます  
    bloga-24.jpg


           豪華に描かれた  金屏風            ( ガラス戸越しで 反射[ふらふら]
   blogb-5.jpg


   blogb-6.jpg

          

                       異国船絵巻  (台湾船図)     blogb-8.jpg


     
     ポルトガルの幸運のシンボル 【 バルセロスの雄鶏 】
           ↓  ↓   ↓  

 
  何でもその昔 無実の罪で死刑を宣告された巡礼者が 
  最後に頼み込んで裁判官の家に行き その時食卓にあった
  こんがり焼けたローストチキンを指差して 
   
 【私が無実と言う事で聖母マリア様が奇跡を起こしコノ雄鶏が鳴くだろう】
 と言うと 雄鶏が本当に鳴いたので 刑は取り下げられ 無実を証明された
    と言う   ・・ !\(◎o◎)/! [がく~(落胆した顔)]  
 そんな伝説が 後々 幸運を齎すと言う事で縁起良しとされて居る様です

 ※注  ローストチキンが? そんなバカな~と思わない! 言わない! 
     あくまでも これは 伝説の話ですから~
 (笑)
blogb-9.jpg

    
  序でに我が家の冷蔵庫扉上に 色々張り付いて居ますが (笑)
 その中に一個だけだけど以前スペイン旅行の際 お土産で購入した同じ 
                             ↓↓ コケコッコウです(笑)
    blogb-b-1.jpg
     コノ オンドリチャン 中々鳴いてくれません(ーー゛)
    いつ 幸運を齎して呉れるのかな~と首を長くして待ってます フフッ

    
  
   昼食は案内された売店の食堂にて 軽目に ” うどん”にしました
  blogb-13.jpg
       コ レ ↑ お魚の頭煮つけ    おうどんも同じく美味しかった (*^^)v


  

   今回の宿泊一日目は ココ 【平戸千里ヶ浜 温泉ホテル蘭風 】
   
   お部屋から 遠く対馬海峡か はたまた 玄海灘の海原か広がり見せて居て
   この周辺一帯には 大小様々な島が 数多く点在してます
  
   まるで一枚の絵画の様に 頗る 穏やかな静けさが一面広がる展望に
   何時までも眺めて居たい想いに浸りつつ 確りと脳裏に焼き付けて来ました   
blogb-14.jpg
   

   さてさて 待望の[いい気分(温泉)]へ ゆる~りと寛ぎ 先ずはビールで 乾杯![ビール]
   パンフレットに有る様に ” 平目のお造り付 平戸御膳 ” と言う事で
   次々と運ばれて来る 料理に目を輝かせ 思わず” 旨い!” 
   途中で気が付いた時には 既に遅し  シマッターー[がく~(落胆した顔)][ふらふら][ちっ(怒った顔)][もうやだ~(悲しい顔)]
           又しても やらかしました<(_ _)>
   ゴメンナサイ 明日は今度こそ気を付けて[カメラ]撮り置き ますね vv
   
    

     と ココで 一階に設定された舞台にて演芸 華やかに 開演 !
     演じるのは 当ホテル従業員有志の方々だそうです  
     皆さん何方も真剣そのもの 芸達者な強者ばかりで お見事です!
   blogb-16.jpg 

                コレ ↓  カッパかな? 
   まさか知り合いの あのカッパさん(と言われてる人)・・・じゃあないわよね~爆
   blogb^16.jpg
 

   ドンドコ和太鼓  気合の入った本職顔負けの力量でした  お見事で~すvv
blogb-17.jpg
                                                                         中二階ヨリ

  と言う事で 今回はこの後再び[いい気分(温泉)]に直行! 湯舟は撮影ナシよ!←アタリマエ(ーー゛)
   歩き回った疲れを癒し 早々に 就眠 [眠い(睡眠)]
   切りの良い所で 今回はココ迄と致します
   明日は 遊覧船にて ”九十九島” 巡りです
   この後 まだまだ続きますので ヨロピクで~す[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]